TPMC

高崎精器 > 高崎探訪 > 003.東京〜高崎 JRで移動

高崎探訪003 -東京〜高崎 JRで移動-

高崎は八幡町...高崎精器周辺の名所・お気に入りのスポットを独断と偏見で紹介しちゃいます。
さらには、周辺の名物食堂・料理屋などもご紹介!  お食事処「椿」クーポン券

高崎探訪003 -東京〜高崎 JRで移動-

 高崎探訪の第三回目は東京から新幹線で高崎まで!高崎精器までのアクセスを実体験版でお送りします!

 出発地点は勿論、上野駅(01)。今回はMAXに乗って、まずは新幹線で高崎の駅を目指します。座席を指定して、6号車(02)に。実は非常に混んでまして一本前の電車に乗れず、予定より20分遅れのスタートです。

 電車がやってきました(03)が、これは本来乗りたかった電車です。残念!高崎まで料金は5000円弱ですが(定価4800円だそうです)、今回渋谷のチケットショップで事前に回数券(04)を購入...4200円で買えました。600円はお弁当代ですね。こちらは車内の様子(05)です。乗車時間は40分少々、あっという間に到着!

 高崎駅の様子をご紹介しましょう...(06)まず左上から到着ホームの階段、右上は私が乗っていた新幹線、そしてホームのお弁当やさん勿論ダルマ弁当アリ、そして階段です。続いては駅構内(07)、左上から右下へ・新幹線構内の売店にはダルマもいっぱい、みどりの窓口の前はみどりのダルマ!、在来線に乗り換えてまずは横川行きを捜して、コンコースを歩いて信越本線に乗ります。目指すは群馬八幡駅、これが信越本線(08)です。(09)次は待っている間に撮ったホームと車内の様子です。(オイシカッタァ!)さてさて、続いては車内(10)、イチバン前に乗ってしまいました。車内はごらんのとおり、意外に女子高生や学生が多かったです。ドアは手で開ける期間もありだそうです。

 あっという間に群馬八幡の駅(11)に到着。乗車時間はわずか10分程度でした。駅の様子を撮影してみました。乗っていた電車が去って行く様子、駅の表示パネルも、駅の雰囲気も前に外から見た感じと一緒です。右下はP&G社の工場がホームから見えるところです。と、撮影しているうちにホームの出口にチェーンをかけられて危うく出られなくなるところでした。駅員さん頼むよ!写真は慌てて出てきたところでエントランス(12)を撮影...焦ってゆがんじゃいました。ここから歩いてわずか3分で、高崎精器(13)に到着。道順は第一回目の高崎精器周辺・八幡町の回を参照してください。<下記のサムネイルをクリックすると拡大版の写真を表示します。>

会社案内 | プライバシーポリシー | お問い合わせ | ©2007 Takasaki Precision & Machinery Corporation