トップページ → メッキ処理加工一覧
メッキ処理加工一覧
img
事例詳細
種類名
ニッケルめっき加工処理
特徴
ニッケルは耐食性に優れ、硬さ、柔軟性など物理的性質も良好であり、色調も良くて変色しにくく各種の素地に対して直接密着性の良いめっきができます。
ニッケルは鉄に近い金属ですが、空気や湿気に対しては鉄よりはるかに安定であることから、めっきでは装飾、防食の両面に利用されています。
ただし、表面は空気中でわずかに変色するため、美観の付与と保持のためにクロムめっきを施します。
line
img
事例詳細
種類名
無電解ニッケル加工処理
特徴
電気を使用しないでめっきする処理のことです。
めっきの膜厚が均一につくため(めっき液が浸漬していれば)「複雑な形状」「寸法精度を有するもの」に適しています。
line
img
事例詳細
種類名
亜鉛めっき加工処理
特徴
亜鉛めっき加工処理は鉄の防錆としては代表的なめっき加工処理方法です。 さらにほぼ均一な厚さでめっきすることができ、量産加工も問題なく、低価格でめっき加工処理ができます。
line
img
事例詳細
種類名
硬質クロムめっき加工処理
特徴
多くの機械的特性をもつ代表的なめっき加工処理です。(Hv750以上と規定)
電気のめっきの中では、一番硬いめっき加工処理で「耐摩耗性」「耐食性」に優れています。 バフ研磨・ナシジ処理との併用で、お望みの「面粗度」に仕上げることも可能です。
line
img
事例詳細
種類名
装飾クロムめっき加工処理
特徴
装飾クロムめっき加工処理は表面がピカピカに仕上げることができますので「外観性」をよくしたい場合にむいています。 「耐食性」にも優れているので自動車部品、機械部品に利用されています。
line
img
事例詳細
種類名
バフ研磨加工処理
特徴
バフ研磨加工処理はあらゆる金属に対応が可能です。仕上がりのめっき処理加工を行う為には、バフ研磨加工処理の出来が影響いたします。最適な研磨器具、最適な回転と技術によってた最善の研磨を行います。
line
img
事例詳細
種類名
アルマイト加工処理
特徴
陽極酸化処理により、アルミニウムの表面に活性な酸素が発生し、これとアルミニウムが反応して「酸化アルミニウム」となり、 次第に成長していくアルミニウム専用の処理です。
line
img
事例詳細
種類名
めっき剥離
特徴
めっき剥離は素材、めっき処理によって剥離方法を検討致します。 めっき剥離にも実績がいろいろありますので、めっき剥離でお困りなら一度ご相談ください。
line
メッキに関するご相談はこちらから
お気軽にお問合わせ下さい。
お問合せはこちら
参考価格
icon バンパー  ¥40,000〜
line
icon リアバンパー  ¥40,000〜
line
icon サイドバンパー  ¥50,000〜
line
icon マフラー  ¥20,000〜
line
icon フロントグリル  ¥30,000〜
line
icon その他  ¥1,000〜
line
icon 小物  ¥500〜
line